オオナムチノミコトにちなんだ白兎愛育園

荒井駅(あらいえき)は山陽電気鉄道の本線の駅である。荒井駅は兵庫県高砂市荒井町扇町にある駅。荒井駅の1日平均乗車人員は2,000人程度。荒井駅は1923年(大正12年)に開業した。開業当時は神戸姫路電気鉄道の駅だった。その後、1927年(昭和2年)に神戸姫路電気鉄道は宇治川電気と合併し、荒井駅も宇治川電気の駅となる。1933年(昭和8年)には山陽電気鉄道の駅になった。荒井駅周辺にはキッコーマンの高砂工場があり、かつてはこの工場まで、荒井駅から専用線が引かれていたことがある。そのほか、荒井神社やあらい浜風公園、イオン高砂店などもある。
また、荒井駅周辺には工場が多く、三菱重工の高砂製作所、神戸製鋼の高砂製作所などがある。荒井神社は舒明天皇の時代にオオナムチノカミをまつったことに由来するという。また、境内社には荒井村出身の英霊(戦没した軍人・軍属)240柱が祀られている。この神社の経営する保育所は、祭神であるオオナムチノミコトの白兎伝説にちなみ白兎愛育園と名づけられた。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ