赤松氏の城・英賀城の跡

英賀保駅は「あがほえき」と読む。この英賀保駅は西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽本線の駅である。英賀保駅は兵庫県姫路市飾磨区山崎にある駅。英賀保駅の1日平均乗車人員は3,900人程度。英賀保駅の前身は1911年(明治44年)に開業した英賀保信号所である。開業当時から国有鉄道山陽本線の駅だった。1913年(大正2年)には信号所から駅に格上げされる。1987年(明治62年)には国鉄の分割民営化により、英賀保駅もJR西日本の駅となった。英賀保駅周辺には英賀城址、英賀神社などがある。英賀城は播磨三大城とよばれる城のひとつで、室町時代の15世紀前半に赤松祐尚によって築城された城。戦国時代末期には三木氏の城となり、1577年、織田信長の命を受け播磨に侵攻した羽柴秀吉により落城した。このときに廃城となった。この城の本丸跡には現在、英賀神社が建っている。この本殿裏の土塁が遺構として残ってるが、そのほかの区域は住宅地になっている。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ