日本を代表するおもちゃの博物館

香呂駅(こうろえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の播磨但馬線の駅である。香呂駅は兵庫県姫路市香寺町中屋にある駅。香呂駅の1日平均乗車人員は1,600人程度。香呂駅は1894年(明治27年)に開業した。開業当時は播但鉄道の駅で、このときの開業は播但鉄道の姫路駅と寺前駅の間での開業にともなうもの。その後、播但鉄道は山陽鉄道に1903年(明治36年)に営業譲渡し、香呂駅も山陽鉄道の駅となる。1906年(明治39年)には国有化される。1987年(昭和62年)には国鉄の分割民営化により香呂駅はJR西日本の駅となった。
香呂駅周辺には姫路市役所香寺事務所、香寺民俗資料館、日本玩具博物館、姫路市立図書館香寺分館などがある。香呂駅ちかくにある日本玩具博物館は日本を代表する玩具博物館として有名。1974年に鉄道会社の社員であった井上重義が自宅の一部を使って開設したのがそのはじまり。駄菓子屋の玩具や日本の郷土玩具、世界の玩具と人形などのテーマで展示をおこなっている。入館料は一般500円。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ