地名の由来は家があまったから。余部

余部駅(よべえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の姫新線の駅である。余部駅は兵庫県姫路市青山北にある駅。余部駅の1日平均乗車人員は1,700人程度。余部駅は1930年(昭和5年)に開業した。開業当時は国有鉄道姫津線の駅だった。また。余部駅はこの路線の終着駅でもあった。1934年(昭和9年)には姫新線が姫津東線に改称。1987年(昭和62年)には国鉄の分割民営化により余部駅もJR西日本の駅となる。
余部駅という駅名は、地名に由来する。律令時代に50戸を1郷と定め行政の単位としたが、50戸に満たない地域があったことからこれを余部(あまるべ)といった。この読みが変わって余部となった。余部駅周辺には兵庫県立大学姫路書写キャンパス、姫路鉄道部の車両基地があり、夢前川が流れている。夢前川は兵庫県姫路市を流れる川で、この夢前川水系の本流。二級河川である。菅生川、水尾川の主流をもつ。最終的には播磨灘に注いでいる。この川の源流は兵庫県姫路市夢前町の雪彦山(せっぴこさん)である。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ