西播磨最大の前方後円墳

御着駅(ごちゃくえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽本線の駅である。また、「JR神戸線」の区間に含まれる駅でもある。御着駅は兵庫県姫路市御国野町御にある駅。御着駅の1日平均乗車人員は2,500人程度。御着駅は1900年(明治33年)に開業した。開業当時は山陽鉄道の駅で、1906年(明治39年)に山陽鉄道は国有化され御着駅も国鉄の駅となった。1987年には、国鉄の分割民営化によりJR西日本の駅となる。
御着駅という駅名は地名に由来し、神功皇后が朝鮮半島征伐におもむく際、皇后の船が接岸していたことからこう呼ばれるようになったとのこと。御着駅周辺には播磨国分寺跡、檀場山古墳、御着城跡、黒田重隆廟所などがある。御着駅近くにある檀場山古墳は全長143メートルの前方後円墳で、周囲には3つの陪塚がある。石棺阿などが出土している。西播磨最大の前方後円墳である。5世紀に築かれたとされ、石棺の一部は地面から露出している。国の史跡に指定されている。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ