発泡スチロールで復活・龍野城

本竜野駅(ほんたつのえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の姫神線の駅である。本竜野駅は兵庫県たつの市龍野町中村にある駅。本竜野駅の1日平均乗車人員は1,500人程度。本竜野駅は1931年(昭和6年)に開業した。開業当時は国有鉄道姫津線の駅だった。この路線名は1934年(昭和9年)に姫津東線、1936年(昭和11年)に姫新線と変わっている。2009年には初代駅舎が解体・一部が保存され、2010年には二代目の橋上駅舎の使用が開始された。
本竜野駅周辺には龍野城、龍野公園、たつの市歴史文化資料館、ヒガシマル醤油本社、ダイエーなどがある。本竜野駅近くにある龍野城址は、室町時代(1499年)に赤松村秀が建てた城。1577年には豊臣秀吉に対して開城し、秀吉の家臣である蜂須賀正勝が入城する。江戸時代に破却されたが、1672年に再建された。現在は、1979年い再建された本丸御殿が残っている。また、3日間限定で発砲スチロール製の天守閣が再現されたこともある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ