歳神をまつる大年神社

溝口駅(みぞぐちえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の播磨線の駅である。溝口駅は兵庫県姫路市香寺町溝口にある駅。溝口駅の1日平均乗車人員は1500人程度。溝口駅は1898年(明治31年)に開業した。開業当時は播但鉄道の駅だった。
その後、1903年に播但鉄道は山陽鉄道に営業譲渡し、溝口駅も山陽鉄道の駅となる。1906年(明治39年)には国有化、1987年には国鉄分割民営化により、溝口駅はJR西日本の駅となった。
溝口駅周辺には大年神社、正八幡神社、香寺運動公園、本覚寺、姫路日ノ本短大、姫路日ノ本短大附属高等学校などがある。溝口駅近くにある大年神社は、歳神を祀る神社のこと。この姫路市香寺町の神社を含め、全国にあり、奈良県御所市にある葛木御歳神社がその総本山。歳神は毎年、正月のそれぞれの家へやってくる神のことで、正月様、恵方神などさまざまな呼び名がある。また、祖霊神と同一視する地方もある。正月に家の玄関に飾る門松はこの神の依代で、鏡餅もこの神への供え物である。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ