八坂神社とトップ争い・広峯神社

野里駅(のざとえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の播但線の駅である。野里駅は兵庫県姫路市西中島にある駅。野里駅の1日平均乗車人員は1600人程度。野里駅は1894年(明治27年)に開業した。開業当時は播但鉄道の駅だった。1906年(明治39年)には国鉄の駅となった。1987年(昭和62年)には国鉄の分割民営化により野里駅はJR西日本の駅となった。野里駅の駅名は地名からきている。古代、このあたりを「大野の里」と言ったのを、「大」がとれて「野里」になったとのこと。野里駅周辺にはイオン姫路、陸上自衛隊姫路駐屯地、姫路競馬場、広峯神社、随願寺がある。野里駅近くにある広峯山の山頂にある広峯神社は全国にある牛頭天王の総本宮とされる神社だが、京都の八坂神社も牛頭天王の総本宮であると主張している。広峯神社はスサノオノミコト、イソタケルノミコトをまつる神社で、神仏分離令以前は薬師如来を本地仏として祀っていた。734年の聖武天皇の時代の創建と伝えられる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ