西日本最大級の梅林・網干駅

網干駅(あぼしえき)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽本線の駅である。網干駅は兵庫県姫路市網干区和久にある駅。網干駅の1日平均乗車人員は7400人程度。網干駅は1889年(明治22年)に開業した。開業当時は山陽鉄道の駅で、1906年に国有化され国鉄の駅になった。一時期は播州鉄道がこの駅に乗り入れていたこともある。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化で網干駅は西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
「網干駅」のもととなった「網干」という地名は、「漁師が網を干す」ということから名づけられた。この神社の氏子であた漁師が、殺生をやめようとこの神社の放生会の日に「網を干した」ことが由来とのこと。網干駅周辺には綾部山梅林がある。網干駅周辺にある綾部山梅林は、兵庫県たつの市御津町の綾部山にある梅林で、24ヘクタールの敷地に梅の木が生え、その風景は「一目二万本」と称される。西日本を代表する梅林。また、「世界の梅公園」という施設もある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ