地名の由来は「蚕」? 山陽駅前駅

山陽姫路駅(さんようひめじえき)は山陽電気鉄道の本線の駅である。このえきは、山陽電気鉄道本線の終点駅。山陽姫路駅は兵庫県姫路市にある駅。山陽姫路駅の1日平均乗降人員は22,000人程度。駅名にもある「姫路」という地名の由来は、「蚕子(ヒメコ)」だという。これは「蚕」のことを意味しており、養蚕業がさかんであったことから名づけられたといわれている。山陽姫路駅のある姫路市は、兵庫県で第2位の人口をもつ大都市で、世界遺産の姫路城も市内にある。江戸時代には池田氏の城下町として栄えた。この駅は1923年(大正12年)に開業した。
開業当時は神戸姫路電気鉄道の駅で、駅名は「姫路駅前駅」だった。その後、1927年(昭和2年)に神戸姫路電気鉄道は宇治川電気と合併し、姫路駅前駅も宇治川の駅となる。その後、「電鉄姫路駅」、「山陽姫路駅」と駅名をかえていく。西日本旅客鉄道(JR西日本)の姫路駅が250メートルほどの距離にある。また、姫路城や好古園、姫路市立美術館、姫路市城内図書館、姫路市民会館などがある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ